玉ねぎ

煮物や炒め物のほか、生食など色々なお料理に使える玉ねぎは、他の食材の栄養吸収を助けてくれる優れもの!

3月から5月に旬を迎える新玉ねぎは、皮が薄くてみずみずしいのが特徴です。水分が多く傷みやすいので長期保存には向きません。
早めに食べきるのがおすすめですが、もし保存する場合は風通しのよい日の当たらない場所で、ネットなどに入れて吊しておきましょう。


PAGE TOP

tml>